TOPコーチングと再会

相談されることが多くなる

しばらくして、社内からの「相談ごと」がポツポツとくるようになりました。 利害関係のない「わたし」になったからかもしれません。
主にその「相談ごと」は、人間関係であることが多かったです。会社の問題の9割9分はこれです。これらの相談は、私だけで解決できることがすべてではありませんが、気づけばコ―チングスタンスでそれらの「相談ごと」を聞いていたような気がします。


辞めると決めたコーチングマインドは、意外と自分自身に浸透していました。


コーチは基本的には自らアドバイスはしませんし、「コーチング」の場では、相手がアドバイスを求めていればさせてもらいますし、相手が求めていることを私が提供できるのなら、ティーチングやコンサルティングも行います。

「コーチング」で行ってはいけないと一般的に言われる領域にも踏み込んで、自分ができることで、相手と関わっていこうと、決めました。
それが良かったのか悪かったのか分かりませんが、継続して進捗を知らせてくれる人もいましたし、「なんか良かった」、「あっそうか。」と言ってくれる人も出てきました。
そんな小さなことが私にとっては恥ずかしくも嬉しさを感じるようになりました。

わたしは完璧なコーチではありません

マネジメントをしていたころは、「部下を見よう、部下を見よう」と思っていましたが、結局、「部下を見ようと頑張っている自分」のことしか見えていませんでした。
部下を見ている自分はどうあるべきか?今、それに近づいているか?離れているか?、そんなことばかり考えていたようにも思えます。

わたしは完璧主義なくせに完璧にできず、不完全な人間です。それでも、わたし自身が目の前にいるクライアントに対してできることは、きっと、あります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
このページは、Webページで読むような分量ではありません。にも関わらず、興味をもって読んでいただけたことにとても感謝します。

私は、コーチングをするためにこのWebサイト(入り口)をつくったのではありません。
私自身が、「悩んでいるときに出会いたかった人」になりたいと思い、出会えるためのきっかけにするためにつくりました。

このような私に、“わたしと一緒に、あなたの今抱えているコトを一緒に解決していきたい”と思ってくれたのなら、ご連絡をください。私は一人でここまでこれたわけではなく、誰かがいただからこれました。そういう「誰か」に、今度はなりたいと考えています。


お問い合わせは右下の丸いメールマークのボタンからお願いします。