TOPコーチングとの出会い

コーチングとの出会い

職場において管理職になることを社長から打診。即断りました。なぜなら自分にはノウハウがなく自信もなく、そのノウハウや自信をどうやって身に付ければいいか分からなかったため。さすがに数回にわたり声をかけてもらったときは、さすがにこれ以上断れないということと、自分にとってこれはチャンスなのだ、と考えるようになりました。

管理職になると決めたときにやったこと

日々、業務をこなしていた私は、後輩に仕事は教えたりもするけれど、「管理職」としてのスキルや「管理職」とはどういうものなのか?ということがまるで分かっていませんでした。 まず、最初に行ったことは、ネットでひたすら「管理職とは?」「リーダーとの違い」なんて言葉を検索して知識をインプット。

当時は残業時間の多い部門だったので、残業時間を減らしていきたい、というざっくりとした目標なども考え始めていたりしました。そのようななかで、コーチングについての新聞記事が目に留まりました。今では、誰の記事の内容だったのかも覚えていませんが、その記事から、

1.「コーチング」ということばを初めて知った

2.“管理職というのはトップダウン”というイメージが払拭された

ことをインプットしました。瞬間的に、私に今必要なのは「あ、これだ!」と思ったわけです。そこからが早かった。コーチングの無料体験を受けて、「やはり、自分にはこれだ」と強く納得感が得て、そのままコーチングを学ぶことを決めました。